体質改善の記録

婦人科に行こう

スポンサーリンク

こんにちは、さおです。

先日、気になることがあり、婦人科へ検診と相談に行ってきました。
女性に生まれたからには避けて通れない婦人科。

何回行ってもすこし緊張はある・・

私のブログを読んでくれている方で、
まだ婦人科に行ったことがない若い方はいらっしゃるのかな。
そういう方に向けても、すこし書いていこうかなと思います。

★★今、デリケートな事で悩んでいる人へ★★
においが気になる、量が気になる、トイレが近い・・・。
自分だけかも知れない。コレが普通なのかも知れない。と思い込んでいました。
人と比べられないから
でも、ヤケクソでもいいから、絶対病院に行って下さい。

”不快なこと”に慣れちゃダメ
私は1年以上悩んで、不快に慣れてしまっていました。

婦人科に行くメリット

  1. 体の不調が改善される&病気が早く見つかる可能性がある
    私の場合、冒頭で述べた悩みを解決できました
    身体からのサインをほったらかすなんて、やっぱり駄目だったと反省
    そして今回の受診で、筋腫も見つかったので〇
  2. 「普通」ってわかった時の安心を得られる
    仮に、なにかが気になって婦人科を受診したとします
    人と比べることが出来ないからこそ
    何も異常がなかったとしても”これが私の普通なんだ”って思えます
  3. 女子力が上がる
    意外と大事なメリットです
    受診により自分の身体と向き合ったという自信になります
    もっともっと自分を大切に出来るようになります
婦人科に行くとき不安なこと
  • 恥ずかしい
  • 痛そう

たった2つの不安ですが、これがとっても厄介ですよね。
だから、私の初めて行った時の経験をお話しします。

【恥ずかしさについて】

  • 確かに初めはすごく恥ずかしい
  • 診察室を暗くしてくれるし、先生との間にカーテンも有るので、
    「作業」として割り切ることが出来る
  • 2回目からは、もっと気持ちに余裕が出来る

【痛みについて】

  • 個人差はある
  • 検診の場合は、すごく上手なベテラン看護師さんの静脈注射
    と同じぐらいかな(説明下手)

[ad]

婦人科に行くときの服装

私は毎回、
フレアスカート+レギンス+靴下で受診します。

パンツスタイルで行くと、診察室までスッポンポン状態(😂)
になってしまいます。
靴下は足が冷えるのが苦手なので履いたまま内診をうけます。
また、足にアトピー性皮膚炎があるので、見せたくないのもあります。

個人病院の受付業務の人

少し思うことがあります。
私は婦人科にかかわらず、いろいろな病院にかかったことがあります。
よく感じるのは、受付の方の対応に残念に思うことがあります。

意外と、顔を上げてくれない方が多いです。
下を向いたまま、作業をしながら説明やお話しをされます。
声も床の方に向かうので、こちらも聞き取りにくく、聞き返してしまいます。

身体の不調があって病院に向かうので、
基本的にメンタルも弱っています。

お忙しいのはとても良くわかりますが、
ぜひ顔を上げて患者さんを迎えてほしいなと思ってしまいます。

婦人科に行った後のごほうびの用意

私は婦人科検診に耐えた後に、かならずご褒美を用意します😂
美味しい食べ物がいいですね。

私は今回の婦人科に限らず、病院に行くときは有給休暇を取得します。
病院は嫌ですが、平日に街をゆっくり歩けるのは好きなので、
それがあるから病院も頑張れる。

婦人科のあとの楽しみを用意してみて下さいね。

今日のご褒美

ぼっち女が病院に行く時に思うこと

最近少し考えてます。

このまま一生独身であったら、まず親は先にいなくなるでしょう。
そうすると、私が体調不良になった時に、そばにいてくれる人はいるんだろうか。

そばにいてくれる人っていうのは、
もちろん距離的なものもあるけど、心理的にもそばにいてくれる人。

病気になり、弱った自分の姿をそのままさらけ出せる相手は
この先の人生で見つけることができるんだろうか

それとも、意外と一人でも平気なんだろうか。
そんなことを考えたりしています。

異常がありました(T_T)早く分かってよかったです。


いつも読んでくれてありがとう。
また遊びに来てくれると嬉しいです★★

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました