マインド

ヨガスタジオの場所取り事情

スポンサーリンク

こんにちは、さおです。

私はヨガスクールに通っています。
この前久々に「ここは私の場所よ!」という威圧を受けたので、
記念に記事にしてみます。

初めに、私のヨガ歴の紹介をさせて下さい。
私はヨガが趣味のOLで、さおといいます。よろしくおねがいします。

私のヨガレッスン受講歴
  • ヨガ歴に関しては5年です
    ※2022年現在
  • 身体は柔らかいです
    ピラミッドからの三点倒立や前後開脚が出来ます
  • 週に4回〜5回受講しています
    強度の高いパワーヨガや、ヴィンヤサヨガによく入ります

レッスン場所に強いこだわりがある人

レッスンを受ける位置に、すごくこだわりがある人がいます。
毎回同じ場所でレッスンを受ける人は、
結構記憶に残ります。

私が思うに、下記の3つに分類されます。

  1. 自分の姿が鏡で確認できる位置が良い人
    ※前と横の鏡、完全に見える位置が良い
  2. インストラクターから近い位置が良い人
    ※最前列になるので、常連さん&上級者さんが多い
  3. 一番後ろ&隅っこの位置が良い人
    ※スタジオが空いていても、絶対に後ろの隅っこ

下記が、スタジオ内の勢力図になります。
※私の独断&偏見となります、ご了承下さい

壁は全て鏡ですので、
前と横の鏡で、自分の姿が見える位置が人気のようです。

あたり前のことですが、
皆さんは「自分の場所ではない」ことをちゃんと理解されています
先にその場所が他の方で埋まっていれば、他の場所に行かれます。

そうやって、スタジオ内は平和にまわっています。
いえ、きっとそれが普通ですよね。

もちろん、すごく早く順番待ちをして、
確実にその場所を確保するというのも、選択肢としておかしくないと思います。

ただ、そのような人は私が知る限り…
あまりいらっしゃらないですね。

たまに「譲れない人」がいる

残念なことに、「どうしても自分の気に入った場所が良い!」
というわがままな人が居ます。

ゆずれないわ」さんです。

私の経験ですが、
今のスクールに通い始めてから、2人だけ遭遇しました
おふたりとも、
どうしても「自分の姿を鏡で確認したい人」なのです。

日曜日の午後、レッスンを受けにスタジオ内に入りました。
いつもなら多少混雑しているレッスン。

しかしこの日は、ガラッと空いていました。

さお
さお

おー、めっちゃ人数少ないやん。
久々に前横が見える鏡の位置に行こう!

スタジオに入った瞬間、
人数が少ない&広々使えるので、この位置に決めました。

すると、後から来た「ゆずれないわ」さんは、
スタジオ内に入ってきたと思えば、
一直線に私の隣にヨガマットを設置します

少々雑なイラストになりますが、ご覧ください。

私との距離、驚くことに2センチです。
2メートルではありません。

さお
さお

おっと、そうなん?

と、心のなかでツッコミを入れつつ…笑
仕方なく私は、移動の準備を始めます。

なぜなら、レッスンが始まって両手や足を広げれば、
確実にガッチンコします。

たまにこんな人を見かけるのですよね。
被害者は私だけではありません。
他の方が「ゆずれないわ」さんに圧をかけられて、
戸惑ったように移動されているのを…ちょくちょく見かけます。

ヨガレッスンを受講するような、意識の高い大人の女性なのに…
自分さえ良ければいい
という考えのかと、本当に残念でなりません。

慣れてくると、鏡も先生も気にならなくなる

私も初心者の頃は、隅っこなどでこっそり受講していましたが…

今は、全くレッスン位置にこだわりはありません
鏡の位置や、先生との距離もあまり意識していません。
理由は下記のようなものです。

  1. そのアーサナ身体のどこに効果があるか、理解しているから
    効いている、という身体の反応を大切にします  ※ヨガのポーズ
  2. 鏡を確認しなくても、自分の姿を想像出来るから
    だいたい80%〜90%の間ぐらいで想像と合ってるかな、たまに外します笑
  3. 先生の声だけで、動きを進めていけるから
    アーサナを覚えてくると、流れるように動きをすすめられます

もちろん、次々にフローで動く難易度の高いクラスでは、
私も余裕がありません。

先生の姿を頻繁に確認しています。

さお
さお

上級者が揃うスクールでは、
あえて 鏡を置いていない所もあるようです。
憧れますね!

疲れている時や、リラックスレッスン受講時は、
後ろの方を選ぶことが多いぐらいでしょうか。

私は、隣の人との距離が近いほうが気になってしまいます。

腕や足がぶつからないか…
レッスン中に意識が外に向いてしまうのが、もったいない気がしています。
ヨガは意識を自分に向けるのが基本という事ですから。

さいごに

言ってしまえば、レッスンを受ける前に、
必ず「場所取り」をしなくてはいけない必要性があります。
自分の気に入った場所に落ち着くとは限りません。

以前、大人数になってしまったスタジオ内で、
右往左往と場所が決まらず困っている方がいました。

たまたま近くに居た私が、

さお
さお

(ここ、狭いけど座れますよ)

と、床をポンポンとすると安心したような顔をされました。
なぜか、私も安心しました(;´∀`)ヨカッタ。

人数が多い日は、
あっちこっちでマットを譲り合う光景もあります。
スタジオの外の世界でも、こんな優しい人ばかりになれば…
もっと平和なのになぁと。

ヨガスクールのスタジオ内、という…
狭く小さな、私の世界観で考えている平和への期待です。


いつも読んでくれてありがとう。
また遊びに来てくれると嬉しいです★★

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました