何度でもやり直せることは、無理をしない私のマインド

マインド
豪雨の後に登山をすると、看板よりインパクトのある「これ以上進むな⚠」がありました

私のマインドの話をします。
登山をしていると、よく聞く言葉があります。

迷ったら、もと来た道を わかる所まで戻れ

もちろん登山だけでなく、普段の生活をしている時でさえも
この言葉の大切さがよくわかる時があります。

先週の出来事

実家の近くの山に、登山の予定を2泊でたてていました。

  • すでに電車の予約をしていた。
    早期割引価格だが、もしキャンセルしたとしてもお金は帰ってこない。
  • 泊りがけなので準備などをしていた
  • 実家の母も準備をしてくれていた(おやつも買ってくれていた)

しかし、1週間ぐらい前からすこし体調を崩し(いつもの持病)、
「出発できないわけではないけど、悪化が心配だな」という状態。
体調が悪いと、気持ちもざわざわして落ち着かない。

思いきって、出発をやめる

登山の予定を取りやめることにしました

取りやめたことによる影響
  • 乗車しなくても、電車の料金が発生した
    →お金はまた貯められるから、自分を信じる 
  • 宿泊の準備が無駄になった
    →また元通りに戻せばいいだけで、数分で終わる 
  • 準備してくれていた実家の母に、申し訳ないことをした
    →母は何も気にしていない、むしろ心配してくれている 

ゆっくり考えてみれば、取り返しのつかないことありませんでした。
逆に、取りやめたことによって気持ち時間に余裕ができ、
体調も改善していきました。

次に行くときは、きっと楽しめる★」と前向きにもなれました。

まとめ

自分の行動を一旦なかったことにする、というのは
意外と勇気がいるものですよね。
自分にはないと思っていたプライド”に気づくときもあります。

私は身体が強い方ではないので、
無理をしないように、一旦立ち止まって考えるようにしています。

もちろん、状況によっては突き進む選択もありますよね。
どちらを選んだら自分にとって幸福度が増すのか、
常に落ち着いて考えられるようにしていたい(これ難しい・・😣)


いつも読んでくれてありがとう。
また遊びに来てくれると嬉しいです★★

ブログランキング・にほんブログ村へ
マインド山登り
スポンサーリンク
シェア、とても嬉しいです。
フォローで応援頂けたら、更新のはげみになります。
ちいさな会社の事務員さん、さおのぼっちな暮らし
タイトルとURLをコピーしました