マインド

違いを受け入れて、自分も受け入れる

スポンサーリンク

こんにちは、さおです。

ついつい、他人もこう思っているのだろうなという、決めつけ。
私の悪い癖です。

同僚との帰り道

ある物事に対して、人ぞれぞれ思うことは違う

最近は仕事を終える時間になると、外は真っ暗。
同僚が言いました。

同僚
同僚

はぁー
帰り道が暗いと、気持ちもどんよりするよね〜

早く明るくならないかなぁ・・

さお
さお

え?!なんで?

皆も暗いほうが良いと思ってた・・・

そう言われてみれば、
女性の帰宅時に暗いと、安全面では危険ですよね・・・
しかし精神面では、私はとってもありがたいです。

ひどいアトピーの自分の顔が隠れるし、眩しいのが苦手だから。
あとは、道ですれ違う他人の視線が常に気になるから。

以前書いてみた記事です。

同僚も、皆そうだろうと思っている

同僚の様子を見ていると、
みんなが、「明るい帰り道のほうが良いと思っている」と考えているようでした。
私は逆に、暗い帰り道のほうが良いと思っていました。

わざわざここで、逆の意見を伝えるメリットはありません
相手の考えを受け入れ、自分の考えも受け入れる。

否定しないということを、私はすごく意識しています(*´∀`*)

母親とお雑煮

今年の年始に、家族とお雑煮を食べていた時の話です。

私の実家は白味噌のお雑煮です。
私もこれが大好きで、これを食べるとお正月だなぁと思います。

元旦の朝、私が白味噌の雑煮を食べていると、
母だけがおすましの雑煮を食べていることに気が付きます。

さお
さお

お母さん、白味噌じゃないの?

ははおや
ははおや

わたしはどちらかとえいば、すましのほうが好きだから。

そういえば、母親の実家はおすまし。
しかし、同居の祖父や祖母(私から見て)が生きていた時は、
私の母親もずっと白味噌のお雑煮を食べていました。

おそらく、彼らがまだ生きていたら、
母が違うものを食べていたら責められたことでしょう。

それぞれ好きなものを食べられている今が、
一番良いお正月だなぁと思ったのですね。
相手の好きなものや好きなことを尊重し、受け入れる

基本的で大切な思いやり、ついつい忘れがちになっちゃいます。


いつも読んでくれてありがとう。
また遊びに来てくれると嬉しいです★★

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました