おでかけ

女がひとりで、早朝に滝を見に行ってみる

スポンサーリンク

こんにちは、さおです。

私は基本的にインドア派なのですが、
一人で早朝に滝を見に行くことにしました。

とはいえ、私は登山が趣味なので、目的は登山になります。
その道中にあります、布引の滝を皆さんにお伝えしたいと思います。
今回は、兵庫県神戸市にある六甲山系・摩耶山になります。

今日は水量少なめ、布引の滝
晴天続きで、水量は少なめです

なぜ滝を見に行くか

せっかくの休日なのに、
わざわざ足を伸ばして滝を見に行くことに価値はあるのか?

さお
さお

あります!

私が滝をおすすめする理由3つ

以下は、私が実際に感じたことを紹介しています。

  1. 水の流れと音に、リラクゼーション効果がある
    • ドドドっと流れ落ちる力強い水って、日常ではまずお目にかかれない
    • しばらく水流の音を聞いていると、嘘みたいに心地が良い
    • 滝は永遠にこれを続けてくれる
  2. パワー、やる気をもらえる
    • 力強さに、圧倒される
    • 圧倒されたあとに、なんか自分はまだまだやれるって思える
    • 滝は生きているみたいに思えて、生命力をくれたように感じる
  3. 滝を見に行く道中、自然の中を歩ける
    • 季節を感じる
    • 木と土の匂いや生き物の声には、リラクゼーション効果がある
    • 運動不足を痛感できる(なにか始めるキッカケになる)

早朝に見に行くのが良い理由2つ

早起きするのは大変だし、昼に行ってもよいのでは?
と考える方もいらっしゃると思います。

理由を2つだけお伝えしますが、重要です

  1. 人が圧倒的に少ない
    • 気軽に見に行きやすい滝=人も集まりやすい
    • 人が多い時間に行くと、雑音が聞こえる
  2. 空気やにおい、雰囲気が違う
    • 朝と昼では、山の匂いが違う
    • 圧倒的に朝のほうがリラクゼーション効果がある
    • 朝のほうが、滝が幻想的に見える

今回ご紹介した布引の滝は、
交通アクセスもよく、新神戸駅から歩いてすぐの場所にあります。
当然、地元民の他に観光客も多く、
遊歩道はすれ違うのが大変な時間帯さえあります。

私のようなHSP(繊細)さんが行く場合、
滝を見に行く前より疲れてしまう可能性もあるかもしれません。
このような事態を避けるためにも、早朝をおすすめします。

私は登山をするので、もともと早朝出発が基本です。
下山途中に、朝に通った滝を通るときによく思うのです。
「あれ、朝の幻想感があまりない・・」
早朝の鼻を抜ける透き通るような空気感もありません。

もちものや服装

整備された遊歩道は、とても歩きやすいです

今回ご紹介した布引の滝は、
遊歩道も整備されているので、スニーカーでも十分です。
ズボン等の動きやすい服装で。

遊歩道ですがもちろん虫はいますので、
夏の場合、気になる方ははおり物や虫よけスプレーがあると安心です。

朝ごはんを持参するのも良いですね。
おにぎりやサンドイッチを滝の前で食べると、いつもより美味しい!
ベンチもありますよ。

まとめ

心身ともに疲れていた時、登山に出会いました。
同時に、滝にも出会いました。

滝や川の水の流れは、
私の心を深いところから癒やしてくれました
こんなに強い力があるのかと、驚くほど気持ちの変化がありました。

意外なところに、心を助けてくれるものがあるんだなと、
考えさせてくれた経験でした。

今日もお疲れさまでした。

自分の知らない世界は、自分の知らなかった気持ちに気づかせてくれる


いつも読んでくれてありがとう。
また遊びに来てくれると嬉しいです★★

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました