仕事

事務員さんの、足もと冷え事情

スポンサーリンク

暑がりな男性陣に囲まれて働いている事務員さお。
冷房の主導権は男性にあり、残念ながら私には権限はありません。

今回は、即効性もあり、またこっそり実践できる対処法をまとめてみました。

おすすめの対処法

前任者から譲り受けた、年季の入ったヒーター

足元ヒーターを設置する

温風が出るファンヒーターや、足元を囲うパネルヒーターがありますが、
私のお勧めは足裏を温めてくれる足元ヒーターです。

理由は3つあります。

  • 周りの人にバレにくい
  • 足先から全身が温まりやすい
  • 価格が安い

ただ、少し注意していただきたいのは、足裏が乾燥しやすくなります
私の場合、夏でもお風呂上りにオリーブオイルで足裏をケアしています。
乾燥が気にならなくなるので、ぜひお試しください。

暑がりさんに向けて扇風機をあてる

会社に扇風機があれば、暑がる人に向けて風を送りましょう。

首振り機能を利用して、自分以外に風が回るようにセットし、
同時に、冷房の温度をこっそり上げましょう
意外と誰も気づきません。

事務員さんは、会社の備品購入の業務にも携わることが多いと思います。
扇風機がなければ、上司に稟議書を提出してみてもよいかもしれません。
冷房の効き目を良くするため、節電のため
と、理由を記入して提出してみましょう。

薄手のウールカーディガンを常備する

寒さ対策といえば、カーディガンですね。
私のおすすめは、薄手のウールカーディガンです。

理由は3つあります。

  • 適度な暖かさを保ってくれる
  • 汗で濡れても肌が冷えにくい
  • 落ち着いた色のラインナップあり

夏にウール?と思われるかもしれませんが、
登山をしている私にとっては、夏でも身近な素材です。

ウール自体には速乾性はないのですが、
肌が「濡れている!寒いぞ!」って感じにくい繊維なのです。
濡れても寒さを感じにくい、ありがたい繊維です。

私は、ユニクロのメリノウールカーディガンを愛用中です。

あまりおすすめしない対処法

ひざ掛け

業種にもよりますが、
私の場合、頻繁に椅子から立ったり座ったりを繰り返します。

そのたびにひざ掛けをどかし、掛けの繰り返しになります。
これが本当に面倒に思っていました。

また、目立つひざ掛けを使用していることで、
周りの人から「え、寒いの?」という声掛けがあったり、
逆に気を使ってくださる方もいて、申し訳ない時がありました。

まとめ

今回は、零細企業の事務員である私の工夫をまとめてみました。

大きな会社では、空調を触れないことも多いかと思います。
それでも、足元ヒーターやカーディガンはぜひ試してほしいです。

今日もお疲れさまでした。

自分も我慢せず、相手も我慢しない方法を模索する


いつも読んでくれてありがとう。
また遊びに来てくれると嬉しいです★★

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました