おでかけ

2022年6月 上高地ハイキング

スポンサーリンク

こんにちは、さおです。

先日、長野に行ってきた時の写真を少し載せながら書いていきます。
私はきれいな川や自然を見に行くのが好きです。

歩きながら自然を感じるのも好きです。

湿原の中に木道が作ってあるので、その上を歩きます。
この高山植物っぽい感じが、ちょっとゾワッとしてハマります笑

雨の中歩きます。
私の今の家は、近くに自然がありません。

もちろん、電車に乗って少々歩けば登山は出来ますが、
近所にもう少し、気軽に自然と触れ合える場所があればいいのになぁと思います。

コチラも湿原。
私は露天温泉と、美しい川や木々が大好きなので、
いつかそんな場所の近くに住めたら嬉しいと思っています。

ただ、今働いている会社がすごく気に入っています。

多分、今の会社に就職できていなかったら、
私は関西を出ていたのかもしれません。

言い訳ですね。

うん、、もっと自分に強みがあって挑戦する気持ちがあれば、
とっくに環境を変えることは出来ているはずなので…
やっぱり言い訳ですね。

私…山登りするくせに、すごく方向音痴なんですけれど…(;´∀`)
車の免許を持っている方って、道をよく知っているイメージがあります。

皆さんはどうですか?

6月に入ったというのに、長野の山はまだ雪があります。
朝は寒く、10度を下回る気温で、雨のため昼も気温が上がりません。

天気が悪いため、人が全く居ません。
世紀末の世界のようです。

荒れ果てた地球に降り立った私…
一人なら怖くなっていましたが、今回は母と一緒なのでのんびりな気持ち。

くまさんには会いたくないので、
怖がりの母が、何回もチリンチリンと鳴らします。

とってもいい音。

小屋にたくさんの注意張り紙がありました。
熊に注意するのと、あとは…

「遭難に気をつけろ。遭難救助を求めるのは50歳以上の単独行動の男性が多い。」

と言うようなことが書かれていました(;´∀`)

ちょうど私の後ろに、50歳代の男性が通りかかり、
勝手に私が気まずくなるのでした。

信州の山々は、上級者向けコースですからね。
経験の多い50歳以上の男性登山者が多いので、当たり前かもしれません。

標高1,500mの所にいるので、雲の中なのでしょうか?
見上げると雨粒がサァ〜っと降っているのが、すごくよくわかります。

私の大好きな、梓川。
天気が悪くても、こんなにキレイな川。

傘が破壊され、楽しそうな母。
買ったばかりの傘が、このような惨状になるぐらい強風でした。

街中でこうなってしまうと、精神状態が少し揺らぎそうです。

ご経験のある方はいらっしゃいますか?
その場を乗り切った方法を教えて下さい。予習したいです。

私は、自分が生きていた人生の中で、今が一番充実しています。
では、なぜ髪の毛が抜けるんだろう。
楽しいけど、寂しいのかもしれません。

今この記事を読んでくれている方の中で、

さお
さお

一人暮らしや、一人の時間が大好き!

という方はいますか?
私も基本的に一人でいる時間が必要であり、大好きです。

しかし、常に心底にあるのは…自分のことを愛してくれる人(恋人かな?)
というのが欲しくてたまりません。

このように書くと、本当に自分が気持ち悪い。
一人の時間が好きなくせに、自分のことを求めてくれる人を探している。
こんな自分本位な考えがあってたまるものか。

次に長野に行くときは、本格的に登山します。

さて、今月中に九州に旅行に行きたいのですが、梅雨に入っています…


いつも読んでくれてありがとう。
また遊びに来てくれると嬉しいです★★

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました