事務職で評価をもらう方法

仕事

こんにちは、さおです。

私はブログ名の通り事務職で働いています。
基本的には、経理事務というカテゴリーになると思います。

私の今までの経験の中で、
事務員は攻めの姿勢がないと、なかなか評価がもらえないと感じています。
今日はその経験も含めて記事にしようと思います。

スポンサーリンク

わかりやすい評価のもらい方

資格を取得する

私は今の会社に入社する前に、
「日商簿記2級」「FP2級」「MOSエキスパート」を取得していました。

さらに、会社の資格手当を調べてみました。
月5,000円の資格手当が出るものがあり、早速勉強を開始
1年後に無事、取得することが出来ました。

さらに上級があるのですが、これがなかなか難しく!
2回落ちてしまったのですが、いつか再チャレンジする予定です。
もう半分内容忘れちゃったけど・・・

新しい業務をやってみる(任される)&お給料交渉する

以前の会社でどんどん業務を任されることはあっても、
お給料に反映させてくれることはありませんでした
私が一切交渉しなかったのもありますが、
断れない性格で、どんどん承諾していったらものすごい量になっていました(T_T)
そして深夜残業に・・・(手当なし・昇給なし)

今の会社では、ちょうどお辞めになる社員がいたので、
その方の業務を任されることになりました。
評価は頂けたので、良かったです。

「以前の会社でも、信頼できる上司に相談するべきだったのか?」
と今になって後悔しました。

事務員は”非生産的”社員?

私が直接言われたわけではないのですが、
ずっと一緒に働いていたので、上司の考えは伝わってきました

上司
上司

事務員は、非生産的社員。簡単に給料を上げられないよ。

金食い虫になるときもある。
誰にでも出来る仕事だし、責任もない。

経営状態の悪い会社だと、真っ先にお給料を減らされるのは事務員
そして、営業職と違い、会社に利益を生み出せません。
でも、非生産的な業務をサポートできるのは事務員です。

営業職が出来ること、事務員が出来ることは違います。
そして悲しいことに、事務員が出来ることは非常に地味です。
だからこそ、攻めのアピール力が必要になると思います。

スポンサーリンク

毎日のルーティーンからたまに抜け出してみる

とはいえ、
毎日の業務で精一杯、の事務員さんもいらっしゃると思います。
特に営業事務の方は、受発注業務でトイレに行く暇もないぐらい、
忙しい職場のところもありますよね。

私は、精一杯頑張っている事務員さんや、
ルーティーンをこなすだけで時間切れ、という場合はそのままで良いと思っています。
でももし、くすぶっている感情があればぜひ挑戦してみて下さい。

会社のために改善できるところを提案してみる

ちょっと難しいですよね。
小さなことが良いのですが、小さなことは上司が気づいてくれません
勇気が必要にはなりますが、上司に提案してみることも大切です。

私が会社に提案したのは、メールサーバーの強化と、HPの立ち上げです。
メールサーバーの強化で、一定の評価を頂きました。

HPの立ち上げは難易度が高かったですが、
なんとか許可をもらい、宣材写真などを取りに事務員ながらも外へ出ます
まだまだこれからの段階です。
私ももっと頑張ります。

提案が難しければ、自分の業務から効率化する

直接の評価には繋がりませんが、
提案が難しかった時は、自分自身の業務の効率化をしていました。
エクセルに数式を入れて、計算をラクにしたり、
ファイリングを細かくし、資料を探しやすくしたり。

考えれば考えるほど効率化でき、時間も出来て暇になりました!
その出来た時間で、提案できることはないか考えました。

まとめ

事務員は、サポート的な業務が多いと思います。

今回この記事を書いたのは、
事務員がもっと評価され、それがお給料に反映されるのが目的。
・・・これは勿論なのですが、もうひとつ

いろんな事に挑戦していくことで、
今後会社に何かあったときに、自分を守ってくれるものになるのではないか。
以前資格が私を守ってくれたように、経験も私を守ってくれる。

そして勿論、やり遂げた経験があるのは、自信になる。
私はそう思っています。

私もまだまだ、道半ばです。
仕事が辛いときも、しょっちゅうあります。

そんなときは、
事務員さんも、そうでない職種の方も、お勤め人はみーんな、
とりあえず、、会社に出社するだけで、えらいんだ!!と考えています。

攻める時は無理をせず、しんどくなったら休んでいい。


ちなみに私は、攻めずに休んでいることの方が多いんですよ★★


いつも読んでくれてありがとう。
また遊びに来てくれると嬉しいです★★

ブログランキング・にほんブログ村へ




仕事
スポンサーリンク
シェア、とても嬉しいです。
フォローで応援頂けたら、更新のはげみになります。
スポンサーリンク
ちいさな会社の事務員さん、さおのぼっちな暮らし
タイトルとURLをコピーしました